ガレーとは

ジャン・ガレーはパティシエの家系に生まれました。

子供時代は、彼の祖父が1930年に創業したお菓子店の手伝いが大好きでした。

その後もお菓子作りに対する情熱を持ち続け、16歳でチョコレート作りを始めます。

知識を深めるため、また新たなテイストの探求のため

スイスのバーゼルでパティスリーを勉強した後、

パリのガストン・ルノートルの元で修行します。

1976年、21歳の若さでベルギー、リエージュにショコラティエとして独立し、

自身のブランド 「ガレー」を立ち上げます。

41年経った今でも、創業当時のガレーのチョコレートへの想いは受け継がれています。

ガレーの特長

ガレーの特長

royalwarrant

ベルギー王室御用達


1976年、21歳の若さでベルギー・リエージュにショコラティエとして独立し、「ガレー」を創業します。 チョコレートの3大国、ベルギー、フランスそしてスイスでの経験を活かし、伝統を守りながらも革新的で創造的なショコラティエとして、ベルギーチョコレートを語る上で欠かせないショコラティエの一人です。

天然素材


天然素材のみを使用したバーチョコレートやミニバーチョコレートは、レシピだけでなくカラフルなパッケージも特徴的です。ラズベリータブレットはホワイトチョコレートと酸味が絶妙なバランスで、繊細な甘みがチョコレート愛好家には高評価を受けています。

豊富なフレーバー


素材にこだわり、カカオ、カカオバター、天然バニラ、フレッシュなラズベリーなど、すべて厳選した素材のみを使用しています。伝統的なベルギーのレシピを守りながら、進化し続け、新しいレシピだけではなくパッケージデザインにもこだわり、革新的なチョコレートを提供し続けています。